;

第9回東アジアスカッシュ選手権大会2014 in Tokyo 大会を終えて

東アジア6カ国のスカッシュの普及と技術向上を目的に、9年前に発足され、以来各国持ち回りで開催されている「第9回東アジアスカッシュ選手権大会」は、5月29日より4日間、港区白金台の、スパ白金にて、7年ぶりの日本開催を成功裏の内に幕を閉じました。
2020年のオリンピックが開催される東京で、新競技採用の最終候補にも上ったスカッシュの国際大会では、目前での観戦やネット配信により東アジアのトップ選手の素晴らしいプレーを多くの人々に堪能して頂きました。

6月1日の最終日には、これまで互いに戦い続けてきた日本と香港の対戦となり、香港の圧倒的な強さの前には健闘空しく男子0-3、女子1-2で敗北してしまいましたが、日本チームは男女共銀メダルを獲得しました。

表彰式のレセプションには、(公社)日本スカッシュ協会名誉総裁であられる高円宮妃殿下から、ご堪能な英語で訳されながら今後更に世界の舞台でのアジアの選手の活躍と、スカッシュの普及を期待する旨の心のこもったお言葉を賜りました。
又、急遽試合の実況中継解説も担当して頂いた元テニスプレーヤーの杉山愛さんも、スカッシュの素晴らしいプレーにすっかり魅了されたと語られました。

来年、第10回となる記念大会は、台湾での開催が決定しています。日本のスカッシュが世界に通じるスタートとなるように各方面から大きな期待が寄せられています。

LINEで送る