東アジア選手権 日本代表チーム 試合コメント(女子 中国戦)

大会3日目 中国戦

中国は、男子が不参加だったため女子のみの試合となりました。
今日の試合順は3-1-2の順番だったので、最初は杉本選手からとなりました。
持ち味のハードドライブを中心に果敢に攻めていき、相手にプレッシャーを与えることができ、1ゲーム目をとります。
2ゲーム目はペースを落として相手に主導権を渡してしまいゲームを奪われるも、3ゲーム目以降は再びペースを上げて2ゲームを連取し3-1で勝利を手にします。
続くエース小林選手は、伸びのあるドライブと正確なアタッキングショットで相手を追い込み、ストレートで1番手対決を制し日本の勝利を確定させました。
3試合目の松井選手も、ベテランらしい流れを掴んだ試合運びで3-0で勝利しました。
明日は、男女共に香港と優勝をかけて対戦します。
チャンスは必ずありますので、チーム一丸となって東アジアチャンピオンに挑んでいきたいと思います。

日本代表チームマネージャー 佐野公彦

日本vs中国(女子)

LINEで送る