;

ニコニコ生放送で実況担当、フリーアナウンサー住田洋さんのblogご紹介

昨日、6月1日(日)の最終戦、日本vsホンコン・チャイナをニコニコ生放送で実況を担当して下さった住田洋さんのブログです。
写真を交え、第9回東アジアスカッシュ選手権の模様をアップして下さっています。

住田洋フリーアナウンサーのブログ ☆Sumi-kun Blog☆

LINEで送る

東アジア選手権 日本代表チーム 試合コメント(香港戦)

東アジア選手権 日本代表チーム 試合コメント

大会最終日
香港戦

男女共に優勝をかけての大一番でしたが、非常に残念な結果に終わりました。
男子は小林選手からのスタートでしたが、序盤にミスを連続してしまい完全にペースを乱しました。
修正しようと試みましたが、最後まで流れは変わらずにストレートで敗れてしまいます。
続く福井選手は、良いスタートを切り1ゲーム目を先取するも、2ゲーム目以降は動きに精彩を欠き3つ連続してゲームを落とし1-3で敗れ、同時に日本チームの敗戦も決定しました。
最後の机選手ですが、チームの勝敗はついていましたが、良いトライをしていました。
結果は、ストレートで負けてしまいましたが、今大会で一番良いパフォーマンスだったと思います。
香港との差は、技術的な部分もありますが、それよりも勝負に対する執着心の差が大きかったと感じています。
女子は、杉本選手が伸びのあるドライブで相手を翻弄して1ゲーム目を取りました。
2ゲーム目以降も、そのドライブを中心に強気なラリーをしていましたが、少しずつ相手に対応されてしまい、結果的には1-3となりました。
続く松井選手は、相手を良く見て展開を作りポイントを重ねるも、全てのゲームで後半に逃げ切られる形となりストレートで敗れてしまい、こちらも日本チームの敗戦が決定しました。
最後の小林選手は、安定感のあるプレーで危なげなく3-0で勝利して、東京開催の東アジア選手権を締めくくりました。
ショット1つのレベルもそうですが、展開力や勝負勘の差が出た結果だと思っています。

東アジア選手権代表チームマネージャー  佐野

Japan_HongKon_M

Japan_HongKon_W

LINEで送る